貿易保険について

貿易保険について

海外との商品のやり取りをすることを貿易、個人輸入といいますが、国内では考えられないようなリスクが起こることがあります。そのようなリスクを回避するための保険が貿易保険といます。

 

どのような時に貿易保険が適応されるのかというと、大きく非常事態による時と、信用決算に関するときがあります。

 

非常事態の具体的な例は、国政による為替制限や禁止・輸入制限などにより、商品の流通が通常通り行われなかった時です。

 

信用決算に関する具体的な例は、契約の一方的な解約、契約相手の破産などが当てはまります。

 

販売店側は、商品を送った時点で原価や費用などが掛かっており、返品されるだけでも大きな損害が出てしまいます。そんな時に貿易保険は適用されるのです。

 

商売にはリスクが付きまといますが、保険に加入しておくことで、被害を最小限に抑えることができるのです。また保険料金は費用に計上できるので、利益を圧迫するようなケースは少ないかと思います。

 

今では個人輸入をする人が増えてきています。化粧品やED治療薬、中にはバイアグラなども個人的な買い物なら貿易が認められています。

 

日本はバイアグラの輸入国として世界から注目されていますが、多くの販売店が貿易保険に加入していると思われます。