個人輸出を考える

個人輸出を考える

商品を国外に販売したいと考えるときに、日本国内での流通が認められていても、相手国では規制の対象となっている場合には、輸出商品の選定を考える必要があります。

 

日本の個人輸入では、海外で販売が承認されているものであれば、個人的使用を条件に輸入することができるようになりました。化粧品やED治療薬といったものが、人気があり、日本国内では手に入らないものも、購入できます。

 

一昔前なら、バイアグラなども現地へ行って、個人輸入するというのが主流でしたが、今ではインターネットを使って、海外から発送してもらうこともできます。

 

これは日本での流通には医者の処方箋が必要ですが、個人輸入に至ってはバイアグラの個人輸入には処方箋が必要ないことから、注目が集まっているようです。バイアグラのような人気商品を持っていれば、海外でとても売れる商品となることが想定されますが、個人輸出での商品選定には、相手国の情勢を知っておくことが必要です。

 

また、商品によっては商品の種類の制限はもちろん、数量の限定があることもあります。その当たりは、販売側のリサーチをしっかりすることが必要です。

 

商売の基本である、まずは相手側のことをしっかり知って、自身の商品が注目されるかどうかを知ることが必要です。そうすれば、バイアグラのような個人輸入の人気商品となることでしょう。